HOMEへ  証券口座ガイド  各種サービスについて  中国株が携帯やスマホで取引できる証券会社
サイトマップ

中国株が携帯やスマホで取引できる証券会社



日中は学業や仕事があって、なかなかパソコンに向かってトレードする事ができないという方も少なくないのではないでしょうか。そんなときに便利なのが携帯での取引サービスです。携帯ならどこでも持ち運びができますのでちょっとした空き時間を利用して取引をすることも可能です。そこで今回は各証券会社の携帯取引(モバイルトレード)への取り組みについてみていくことにします。

以下の携帯版とはandroidやアイフォンなどのようなスマホ用のOSではなくガラケーのような旧来の携帯向けのサービスでの対応状況です。androidやアイフォンへの対応状況はスマホ板で示しています。国内株ならガラケーでも取引できるところはありますが、中国株にも対応しているのは内藤証券と東洋証券の2社です。


■各社の携帯電話での取引対応表(2016/01/14現在)
証券会社携帯版スマホ版買注文売注文
内藤証券
アイザワ証券
----
東洋証券
-
楽天証券
----
SBI証券
----
マネックス証券
---

証券会社取消訂正残高照会株価照会
内藤証券
アイザワ証券
---
東洋証券
楽天証券
---
SBI証券
---
マネックス証券
---


スマホ用ページ

最近ではアクセスするデバイスごとにHPの表示を切り替え、PCならPC用のホームページを、スマホならスマホ用のホームページを表示する証券会社も少なくありません。スマホからもPCと同様に口座開設を行ったり、売買注文や、残高照会、株価照会などを行うことが出来ます。

中国株を取り扱う証券会社は他にも国内株なども取り扱っているところも多いのですが、スマホ用のページは国内株には対応していても中国株には未対応な証券会社も多いです。東洋証券やアイザワ証券、楽天証券やSBI証券は中国株ではスマホ用のページは対応していません。中国株でもスマホ用のページが用意されているのは内藤証券、マネックス証券の3社です。

スマホ用ページはPCのような大画面でなくても見やすいようデザインされていて、小さな画面でも見やすいように工夫されています。


スマホ用のフルブラウザを使うのはどう?

スマホでもPC用の画面を表示することができる機能がついているブラウザは多いので、その機能でPC画面を表示して中国株を取引することが可能な場合もありますが、各証券会社では動作保証対象外としている場合が多いです。スマホで見る場合はスマホ用ページで見ることを推奨しています。中国株取引をするならスマホ用のページも用意しているところが安心です。

もしスマホ用ページがない証券会社で中国株を取引したいなら、対応されるまで待つか、パソコンを買ってPCで取引するのが無難でしょう。


アプリはないの?

楽天証券やSBI証券ではブラウザからのアクセス以外にも各種取引に対応した専用のアプリも配信しています。しかしながら残念なことにこうしたアプリは国内株には対応していますが、中国株には対応していません。


まとめ
国内株式であればどの証券会社でも携帯電話での取引に対応していますが、中国株取引では対応しているところは限られます。内藤証券や東洋証券など特に中国株に力を入れているところでは携帯(ガラケー)取引にも対応しています。中でも内藤証券はスマートフォン用のWEBサービスも展開しています。通常はPCで口座開設をしたうえで、副次的なサービスとして携帯での取引サービスを提供しているところが多いのですが、内藤証券のスマートフォン用のWEBサービスではPCがなくても口座開設をすることができます。スマホ用のページは他にもエイト証券やマネックス証券でも対応しています。





最終更新日 2016/01/13
公開日 2013/10/22
 TOPへ   HOMEへ




中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved