HOMEへ  証券口座ガイド  各種サービスについて  各証券会社の中国株関連のETFの取扱い
サイトマップ

各証券会社の中国株関連のETFの取扱い



ETF(Exchange Traded Fund)とは日本語の上場投資信託のことで、取引所で取引される投資信託を意味します。投資信託とは多数の投資家から拠出された資金を資産運用の専門家が、株式や債権などの金融資産、不動産などに投資し、運用成果を投資家へと分配する商品のことです。

投資信託は市場に上場しているETF(上場投資信託)と、それ以外の金融機関などで販売されている投資信託とに分類されます。上場投資信託(ETF)にはTOPIXや日経平均などの指数連動型の上場投資信託と指数連動型以外の上場投資信託があります。

投資信託上場投資信託指数連動型
それ以外
その他の投資信託


指数連動型ってなに?
指数連動型とは指数を構成する銘柄と同じ銘柄を組み入れたり、指数に特に影響をあたえる銘柄を選別して組み入れるなどして指数への連動性を高めた金融商品のことです。指数を構成するすべての株式を購入しなくても手軽に連動性の高い商品を購入することが出来る点が特徴です。


日本の市場でも上場している
中国株関連のETFは香港証券取引所などの中国の証券取引所だけでなく、東証や大証などの国内の証券取引所でも上場されています。日本の市場でも上場しているので日本の市場だけしか扱っていない証券会社でもETFを取り扱っているところなら中国株関連のETFを購入することが出来るかもしれません。しかしながら中国市場に上場しているETFは当然それらを取り扱っている証券会社でしか購入することはできません。


■各証券会社の中国株関連ETF取扱い(2009/09/27現在)
証券会社香港証券取引所上場ETF日本市場上場ETF
内藤証券
-中国株関連ETF
アイザワ証券
東洋証券
楽天証券
中国株関連ETF
SBI証券
中国株関連ETF
マネックス証券
中国株関連ETF
※.日本市場に上場しているETFの取扱いをしているところで中国株関連ETFの取扱いの明記が確認できたところは中国株関連ETFと表記しています。







中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved