HOMEへ  中国業界別コラム  電力業界  中国の電力会社主要5社と国内発電量の推移
サイトマップ

中国の電力会社主要5社と国内発電量の推移




中国の自動車市場について

業界再編はここ数年で大きく進展

中国の電力業界は2002年12月29日に実施された改革で電力市場の50%以上のシェアを独占していた国家電力総公司が、発電、送電、補助事業の3つの分野に分割され、合計11社へと再編されました。さらに分割された企業に小規模企業を注入すると言う形で更なる再編がすすんでいます。

中国の発電部門と送電部門の主要電力会社

中国の電力会社主要5社

今回は発電部門の5社について見ていきます。現在、発電5社の中国華能、中国大唐電力、中国華電、中国電力投資、中国国電のすべてが子会社を香港市場に上場しており、外国人投資家でも株を購入することが出来ます。


中国華能(ファネン)
中国大唐電力(ダタン)
中国華電(ファディエン)
中国電力投資
中国国電


中国華能(ファネン)(2016年)

発電容量16,554万キロワット(9%増)
 水力 2,104(3%増)
 火力 12,662(6%増)
 風力 1,632(41%増)
 太陽光 157(84%増)
発電量6,216億キロワット(4%減)
売上高2,461億元(16%減)
利益総額139億元(49%減)
総資産10,029億元
子会社華能国際電力(香港市場上場)
特徴中国最大手。発電の内訳はは約8割が火力で、水力、風力とつづきます。発電事業のほか石炭採掘、金融、物流、情報技術、再生エネルギー事業なども手がけます。2008年3月にはシンガポールの3大電力会社の一角であるデュアス・パワーをシンガポール政府持株会社テマセクから約30億米ドルで買収しています。

子会社である華能国際電力は華中、華北、東北、華南地域など中国東部地域を中心に全国21省・直轄市・自治区を営業エリアとしています。

2016年度の発電容量は2014年度と比べて全体で9%伸びています。どの発電源も2014年度比で伸びていますが、風力と太陽光が大幅に伸びていることがわかります。風力は大幅増により水力に迫る勢いです。ただし発電量自体は2014年度比で4%減少しています。また業績も売上げは減少し、利益も大きく減っています。これは景気減速による需要の伸び悩みや燃料価格の高騰などによるものだとみられています。


中国大唐電力(ダタン)(2015年)

発電容量12,717万キロワット(5.5%増)
 火力 72.11 ← 74.70%
 水力 18.01 ← 16.43%
 風力 9.35 ← 8.35%
 太陽光 0.52 ← 0.52%
発電量4,788億キロワット(3.4%減)
発電所33ヵ所
売上高1,662億元(13%減)
利益総額173億元(23%増)
総資産7,295億元
子会社大唐国際発電(香港市場上場)
特徴5大電力会社の一角。発電はその大部分が火力に依存しています。子会社である大唐国際発電は北京、天津、唐山など中国の寒冷な北部地域を営業エリアとしています。

2015年度は発電容量が5.5%増加し、その内訳では火力の割合が減少し、水力や風力といった自然エネルギーの比率が上昇しています。売上高は前年度比で大きく減らしていますが利益は増加しています。


中国華電集団(ファディエン)(2016年)

発電容量14,281万キロワット(5%増)
発電量4,919億キロワット(0.5%増)
売上高1,893億元(6%減)
利益総額131億元
総資産7,883億元
子会社華電国際電力(香港市場上場)
特徴5大電力会社の一角。子会社である華電国際電力は山東省や安徽省、内モンゴルなど中国西部、北部地域などを営業基盤にしています。


中国電力投資(2016年)

発電容量11,663万キロワット
 火力 7,145 (61.26 ← 65.51%)
 水力 2,159 (18.51 ← 21.42%)
 風力 1,251 (10.72 ← 6.90%)
 太陽光 856 (7.33 ← 3.85%)
 核 447 (3.83 ← 2.32%)
発電量3,969億キロワット
売上高1,959億元
利益総額132億元
総資産8,761億元
子会社中国電力国際発展(香港市場上場)
特徴5大電力会社の一角。火力発電が中心ですが他の4グループと比較すると水力や太陽光発電が高いのが特徴です。子会社である中国電力国際発展は河南省、安徽省、山西省、湖南省、貴州省などを事業エリアとしています。水力発電は火力発電とは違い自然エネルギーなので、資源価格の影響うけにくく、収益の安定化にも寄与します。

2016年は2014年度と比べて発電容量は増加していますが、火力と水力の比率が下がっています。大きく伸びているのは風力や太陽光といった再生可能エネルギーです。また原子力も増加傾向にあります。


中国国電(2016年)

発電容量14,248万キロワット
発電量5,052億キロワット
売上高1,828億元
利益総額131億元
総資産8,031億元
子会社龍源電力(香港市場上場)
国電電力(上海A株市場上場)
特徴5大電力会社の一角。子会社の龍源電力は東北地方の3勝と、内モンゴル自治区、甘粛省、河北省、新疆ウイグル自治区、江蘇省、福建省などを営業エリアとしています。風力発電容量では国内首位で、世界でも2位の規模を誇ります。



グループ全体の情報を調べるには

五大電力グループは各社とも多くのグループ会社から形成されています。そのうちの一部の子会社が香港市場で上場しているので、子会社への投資は可能ですが、グループ全体への投資は市場に上場していないため出来ません。香港市場に上場している子会社の発電量や売上高、利益などの業績は市場に上場しているので比較的情報を入手しやすいのですが、グループ全体だとグループのホームページなどで情報を収集することになります。発電容量や売上、利益などは最新の情報を掲載しているところもあれば、1,2年前のものしか掲載されていないところもあります。各社のデータでは2015年のものと2016年のものが混在していますが、このような理由からです。



各社のエネルギー源の比率

火力が約6〜7割を占める

5大電力会社の中にはホームページ上で、火力や水力などエネルギー源ごとの発電量や全体に占める比率などを掲載しているところと掲載していないところと分かれているので、今回は掲載しているグループでみていきます。中国華電と中国大唐、中国電力投資の3グループでエネルギー比率の内訳を見てみると、各社とも火力の割合がかなり大きいことがわかります。電力はその6〜8割は火力に頼っているのが実情のようです。ついで水力や風力が続き、太陽光発電の占める比率は多くても3%程度に過ぎないようです。

風力・太陽光の比率が上昇

近年は総発電に占める火力の比率が徐々に下がっきています。一方で風力や太陽光といった再生可能エネルギーの比率が上昇しています。以下は風力と太陽光を合わせた再生可能エネルギーの2016年度の各社の発電容量と全体に占める割合の表です。発電容量も割合も最も多いのが中国国電です。その比率は全体の18.71%に相当します。他の4社も10〜16%ほどの比率を占めています。

風力・太陽光の各社の発電容量と比率
発電容量比率
中国華能1,79110.82%
中国大唐1,45111.08%
中国華電1,45510.19%
中国電力投資1,91916.64%
中国国電2,66518.71%



中国の総発電量の推移と発電源の内訳

発電源の大部分は火力発電

中国華能、中国大唐、中国電力投資などの発電に占める各電源の内訳をみると火力が最も多く、次いで水力、風力、太陽光、核と続きます。一方中国全体の総発電量に占める電源比率を見てみると、やはりこちらも火力が最も多く、次いで水力、原子力となっています。風力は原子力よりはやや少ないものの同程度の規模はあるようです。太陽光は400億khwほどでほかの電源と比較するとまだまだその規模は小さいですが、近年高い成長率を維持しています。

総発電量は年々増加

中国全体の総発電量は毎年増加しています。というのも需要が毎年拡大しているためです。そんな中近年は火力の伸びが頭打ちとなっています。今後の総発電量の伸びを維持していくためには水力や風力、太陽光、原子力といったその他の電源の開発が重要となってくるのではないでしょうか。

2016年度の発電量は?

2016年度の総発電量も前年度比で5.6%と順調に拡大しています。火力の比率がやはり高いですが、その比率も徐々に減少しています。前年度比で24.9%と大きく伸びたのが原子力発電です。風力発電も2113億kWhで19.0%増、太陽光発電も394億kWhで33.8増と非常に高い成長率を示しています。その規模はまだまだ火力には劣りますが、風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーや原子力発電に力を入れていることがわかります。

発電量と電源比率の推移
年度総発電量(億kWh)火力(億kWh)(%)水力(億kWh)(%)原子力(億kWh)(%)
201147,00038,253
(81.3%)
6,940
(14.7%)
863
(1.8%)
201249,37738,554
(78.0%)
8,608
(17.4%)
973
(1.9%)
201353,97542,358
(78.4%)
9,116
(16.8%)
1,106
(2.0%)
201456,49542,337
(74.9%)
10,643
(18.8%)
1,325
(2.3%)
201558,10542,420
(73%)
11,264
(19.3%)
1,707
(2.9%)
201661,42444,370
(72.2%)
11,933
(19.4%)
2,132
(3.4%)






前へ   次へ
コラム一覧へ   HOMEへ
最終更新日 2017/08/14
公開日 2004/12/04




中国株が買える証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株が買える証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










中国業界別コラム


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved