HOMEへ  中国業界別コラム  電力業界  中国の石炭業界について
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







電力業界 vol4
中国の石炭業界について



エネルギー源の分布
中国のエネルギー需要の60%は石炭でまかなわれています。 日本での比率は20%(2000年度)ほどで、 世界的に見ても40%程度です。 中国は発電燃料の大部分を石炭に依存していると言えます。 今回はその石炭について見ていくことにします。


石炭業界の近況
中国は石炭の生産、消費共に世界一に位置しており、その需要は経済成長 にともなってさらに拡大しています。 また輸出でもオーストラリアについで世界第2位に位置しています。 昨今の経済過熱を意識して実施された2004年の景気引き締め政策においても、これらエネルギー関連の業種では、逆に経済活動の活発化を後押しするような政策が実施されています。

需要の拡大に押され、近年中国では石炭の在庫量が過去最低水準にまで落ち込んでいて、石炭の供給不足、在庫のひっ迫などの理由により石炭の市場価格は上昇の一途をたどっています。それにより発電量の増加のペースにも影を落とすような結果となっています。

今後も需要は大きく拡大していくものと見られ、炭鉱開発や、石炭利用の効率化など様々な対策がとられているところです。

中国の石炭生産量の推移
年度生産高(億トン)
1996年13.97
97年13.73
98年12.50
99年10.45
2000年9.98
01年11.61
02年13.80
03年16.67


石炭業界各社
石炭業界も中小零細企業が多く、寡占化の進んでいない業種の一つで、 中国全土で3万社を数えます。 上位5社でもシェア10%にもみたず、上位8社においても15%にすぎません。 政府も今後は石炭業界の上位寡占化をいっそう進めていく方針です。 国有独資が多いのが特徴で、上位5社の中でも株式上場しているのは エン砿集団の子会社であるエン州煤業のみとなっています。 中国の石炭業界の代表的な上位5社をあげてみます。

中国の石炭会社生産量上位5社(2003年度)
生産量(トン)
神華集団10000万
中煤能源集団8260万
大同煤砿集団5000万
山西焦煤集団4630万
エン砿集団4000万



※参考資料
邱永漢の初めての中国株
業界別これから上がる!中国株厳選68銘柄
図解「中国・台湾・香港」の主要企業と業界地図
中国のトップカンパニー 躍進70社の実力icon
中国株二季報2005年春号
中国産業ハンドブック (2003-2004年版)
資源エネルギー庁


前へ   次へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2005/04/17




中国株が買える証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株が買える証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved