HOMEへ  中国業界別コラム  高速道路業界  中国の高速道路の料金体系について
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







高速道路業界 vol6
中国の高速道路の料金体系について



はじめに
高速道路各社の料金体系は各社ごとに違うだけでなく、運営道路ごとにも細かく分類されているようです。江蘇高速では運営高速道路ごとに料金体系も様々で調べるのが大変でしたので、比較的分類が分りやすかった浙江高速の料金体系についてみて行く事にします。


料金体系
■ 浙江高速・杭甬高速公路の料金体系
 入口費従量料金(1km毎)
20座席以下の車
2トン以下の貨物車
5元0.45元
20座席〜40座席
2〜5トンの貨物車
10元0.80元
40座席以上
5〜10トンの貨物車
15元1.20元


通行料について
東京から大阪までが約550kmです。浙江高速の杭甬高速公路は全長約250kmですので、東京-大阪の半分弱の距離になりますが、端から端まで乗用車で通行したとして料金は
5元 + 113元(0.45 * 250)で118元の通行料、日本円で1600円ほどになります。なんとなく中国の高速道路の利用料金の相場というのがつかめたのではないでしょうか。


料金所システムの改善余地
上で示した入口料とは道路を利用する料金で遊園地で言うところの入場料のようなものです。中国では各省や市をまたいで伸びる高速道路でも、その境界ごとに料金所が設定されていて、いちいち省境にさし当ったところで料金所で停車して料金をそのつど清算しなければいけません。これは利便性の面で非常に不便だといえるでしょう。

例えば北京-上海間の高速道路を利用した場合、その間に6省市をまたぐため6回も停車しなければいけないということになります。入口料についても気になる部分です。これは確認できなかったので仮の話ですが料金所でそのつど入口料まで取られるとなると料金への上乗せ部分も省をまたぐごとに多くなってしまいます。利用者にとって何とかしてほしい問題だといえます。



※参考資料
中国株二季報2005年春号
浙江高速ホームページ


前へ   次へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2006/01/18




中国株証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved