HOMEへ  中国業界別コラム  航空業界  中国の航空運賃制度について
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







航空業界 vol4
中国の航空運賃制度について



運賃制度の変遷
航空運賃の値下げは1997年に1度認めらたのですが、その後過剰な値下げ競争を招く結果となり、業界全体で24億元(1998年)もの赤字を抱える事態にまで発展してしまったため、1999年再び固定価格制へと変更されました。

しかしながら実際は経済発展や競争激化などの要因により、暗黙の了解として業界内で大幅な値下げが横行していたのが実情でした。

硬直的な価格システムでは無理があると判断してか、中国民航総局(CAAC)は完全な価格設定の自由化ではなく上下幅を設けるというかたちで2004年4月20日、「民航国内航空運輸価格改正法案」を施行しました。


法案の内容
新法案は「旅客1人に付き1キロメートル当り0.75元」を基準に、上限25%、下限45%とすると定めています。またいくつかの条件では、下限もしくは上限と下限の両方の自由化に踏み切りました。

上限と下限の自由化項目
項目上限下限
観光客が利用する一部路線-自由化
航空会社1社が独占的に供給している路線-自由化
同一の省・自治区内や隣接する省・直轄市・自治区に向かう近距離路線自由化自由化

またこれまで燃料費の高騰などを調節する目的で価格に上乗せされてきた「燃料調整費(3〜5%)」も撤廃され、今後は運賃価格に転嫁するかたちで燃料費の高騰に対応して行く事になります。


法案施行後の各社の動き
各社とも激しい競争にさらされながらも人気路線で値上げを実施するなどして、収益の改善につなげています。この結果2004年度の決算では多くの企業が増収増益を達成しました。


原油価格の高騰
2005年からの国際石油市場の高騰により、航空事業のコストの大半を占めるジェット燃料調達費用が上昇し、航空各社の収益の大きな足かせとなっています。このため2005年8月〜12月と期間限定で中国民用航空総局(CAAC)は国内航空各社に燃料サーチャージ(燃油特別付加運賃)の徴収を認めました。これは航空運賃とは別に徴収されるもので、飛行距離800キロ未満の路線では旅客一人当たり20元、800キロ以上の路線では40元を徴収します。これにより収益の改善につながることが期待されています。

注目の国際石油市場ですが、2006年度も下げる傾向は見せておらず、アメリカの石油関連施設のハリケーン被害を単に発生した石油市場の高騰が、世界各国の旺盛な石油需要の伸びを背景に今後も高止まりで落ち着くのではないかという見方が強いのが現状です。このため中国民航総局は2005年11月、国内線の燃料サーチャージの徴収期間を2006年3月まで延長しました。



※参考資料
中国株二季報2005年夏秋号
中国株二季報2006年春号
業界別これから上がる!中国株厳選68銘柄
人民日報日本語版


前へ   次へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2006/02/11




中国株が買える証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株が買える証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved