HOMEへ  中国業界別コラム  電力業界  中国の送電部門について
サイトマップ


中国株おすすめ証券会社
内藤証券

・香港、上海、深セン市場の銘柄取引に対応!

・手数料もお得

・本土B株だけでなくA株もネットで取引可。

・特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応。







電力業界 vol6
中国の送電部門について



送電部門とは
中国の電力事業では発電部門と送電部門をそれぞれ違う会社が担当しています。発電部門は中国華能、中国電力投資、中国華電、中国国電、中国大唐の5社と中国華潤をはじめとする新興独立系の4社が担い、送電部門は中国本土を南北に分割する形で国家電網公司と中国南方電網が担当しています。電力を作る会社と送り届ける会社がそれぞれ異なるというわけです。今回は送電部門を手がける2社についてみていくことにします。

発電会社(5社) 独立系会社(4社)

国家電力網公司

南方電力網公司
広域電力網公司(5社)

省・自治区レベルの電力網公司
需要家


国家電網公司
東北、華北、西北、華東、華中の26の省・自治区、直轄市に電力を供給。国土の88%をカバーしているガリバー企業である。なお発電設備もピーク時対応として一部保有している。売上高は日本円にして約11兆円。利益は約2000億円。2006年度の販売量は17,096億kWhと前年度比で14.19%の増加を記録している。
設立2002年12月29日
資本金2000億元
資産総額11,767億元
電力販売量14,646億kWh(13.6%増)
売上高7214億元(22.2%増)
利益144億元(48.4%増)
※2005年度データ


中国南方電網
南方の4つの省と自治区に電力を供給。なお発電設備もピーク時対応として一部保有している。売上高は日本円にして約2兆8000億円、利益は約800億円。2006年度の販売量は3974億kWhと前年度比で14.39%の増加を記録している。
設立2002年12月29日
資産総額2632億元
電力販売量3477億kWh(12.6%増)
売上高売上高 1893億元(21%増)
利益利益 59億元(45%増)
※2005年度データ


両社の比較
中国全土の送電部門を2社で分担しているためどちらも売上規模はかなり大きいです。2006年度の中国企業売上高トップ10では国家電網公司が3位に、中国南方電網が5位に位置しています。ちなみに一位は中国石油化工です。営業エリアは9割とその大部分を国家電網公司が占めています。しかしながら電力販売量、売上高の規模で見ると国家電網公司と中国南方電網は比率は約4:1になります。利益に至っては約3:1の比率です。収益性では中国南方電網の方に分があるようです。利益は新たな設備投資の原資となるものです。まだまだ両社とも利益率が低いため、発電設備に対して遅れが目立つ送電網の整備を拡充して行くためにも、まずはしっかりと利益を稼ぐことが両社の共通の課題だといえるでしょう。



※参考資料
中国産業ハンドブック (2005-2006年版)
図解「中国・台湾・香港」の主要企業と業界地図
国家電網公司
中国南方電網


前へ
コラム一覧へ   HOMEへ
text 2007/06/08




中国株が買える証券会社を取扱い銘柄数の多さで比較

中国株の証券会社を選ぶポイントの一つは銘柄数の多さです。上海、深セン、香港の各市場で銘柄数の多い証券会社を紹介します。



中国株が買える証券会社を手数料の安さで比較

証券会社を選ぶ上で特に重要なのは手数料の安さです。各証券会社の購入金額ごとの手数料を比較し、手数料の安い証券会社を紹介します。



中国株のおすすめ証券会社

本土株も取引したいなら
内藤証券

香港市場だけでなく上海、深センなどの中国本土市場も取引したいなら内藤証券がおすすめです。手数料もお得で本土B株だけでなくA株市場もネットで取引できます。特定口座は香港株、中国本土株どちらにも対応しています。


香港市場で手数料重視なら
SBI証券

香港市場ならSBI証券もおすすめです。手数料もやすく、取り扱い銘柄数も充実しています。特定口座は香港株にも対応しています。










Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved